枚方市町楠葉、京阪電車「樟葉駅」より徒歩約3分。目の疲れ、かすみなどまずはお気軽にご相談下さい。 透過画像

お気軽にお問い合せ下さい

TEL 072-867-2525

採用情報 採用情報

  • 新着情報
    2018年12月03日
    年末年始休診のお知らせ
    H30年12月28日(金)午後~H31年1月6日(日)まで休診させて頂きます。
    なお1月7日(月)からは通常通り診察を開始します。
    ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。
    2017年11月20日
    年末年始休診のお知らせ
    H29年12月28日(木)午後~H30年1月4日(木)まで休診させて頂きます。
    なお1月5日(金)からは通常通り診察を開始します。
    ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。
    2017年05月19日
    8月夏期休診のご案内
    8月10日(木)~8月17日(木)休診とさせて頂きます。
    ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
    2017年02月02日
    3,4月休診のご案内
    院長都合にて
    3月8日(水)4月5日(水)は休診とさせて頂きます。
    ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
    2016年06月15日
    8月夏期休診のご案内
    8月13日(土)~8月18日(木)休診とさせて頂きます。
    ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
    2016年05月30日
    エレベーター使用開始のお知らせ
    長らくご迷惑路おかけしておりましたが5/27(金)午後から無事エレベーター付け替え工事が完了しました。よろしくお願いします。今度のは車いす対応でしゃべる奴です。
    2016年04月15日
    エレベーター使用不能のお知らせ
    テナントビルのエレベーター工事の為、4/29(金)~5/27(金)の予定でエレベーターが使用不能となります。足腰の不自由な方はご考慮下さい。
    ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。
    2015年11月16日
    年末年始休診のお知らせ
    H27年12月28日(月)午後~H28年1月4日(月)まで休診させて頂きます。
    なお1月5日(火)からは通常通り診察を開始します。
    [火曜日は午前診のみ]
    ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。
    2015年08月25日
    9月の休診案内
    学校医講習会受講の為、9/11(金)午前受付11:30まで、午後休診とさせて頂きます。
    ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
    2015年06月19日
    7月休診のご案内
    厚生局講習会出席の為、7月23日(木)午後休診とさせて頂きます。
    午前は診察あります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
    2015年06月16日
    8月夏期休診のご案内
    8月10日(月)~8月15日(土)休診とさせて頂きます。
    ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
    2015年02月12日
    3,4月休診のご案内
    院長都合にて
    3月11日(水):代診無し
    4月3日(金):午前午後とも代診有り

    休診とさせて頂きます。
    ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
    2014年04月18日
    8月夏期休診のご案内
    8月11日(月)~8月16日(土)休診とさせて頂きます。
    ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
    2014年01月10日
    《1月の休診のご案内》
    院長都合により
    1月20日(月)
    ※ 受付17:15まで
    1月24日(金)~1月25日(土)
    ※ 休診

    とさせて頂きます。
    ご迷惑をおかけしますが
    よろしくお願いします。
    2013年11月14日
    年末年始休診のお知らせH25年12月28日午後〜H26年1月5日まで休診させていただきますのでご了承下さい。なお1月6日(月)からは通常通り診察を開始します。
    2013年10月07日
    採用情報を更新しました。
    受付業務、検査助手募集!
    2013年09月25日
    ホームページをリニューアルいたしました。
  • 当院までのアクセス

    大きな地図で見る

    〒573-1106
    大阪府枚方市町楠葉1丁目6-6

    TEL:072-867-2525

  • いまいずみ眼科クリニックフェースブック
  • immunocaprapidボタン
  • キャピリアアデノアイボタン

診療案内

当クリニックでは眼科一般診療をはじめ、小児眼科、メガネ・コンタクトレンズの処方、仮性近視、アレルギー、ドライアイ、眼精疲労、白内障・緑内障検診など、様々な目の病気の診療を行っております。 また、レーザー光凝固装置とヤグレーザーを導入し、白内障・緑内障・糖尿病などの様々な日帰り手術やレーザー治療にも取り組んでおります。
目についての不安な事や疑問などありましたらお気軽にご来院下さい。

目の病気と治療

診療案内矢印 気になる病気をクリックして下さい 診療案内矢印

  • 患者様の感想も掲載しています。

    当院で手術を受けた患者様からのアンケートを紹介します。 是非ご覧下さい。

  • 患者様の感想を見る
白 内 障

■白内障とは?

眼内の水晶体(カメラで言うとレンズの部分)が濁ってくる病気です。 正常な水晶体は透明で光を良く通しますが様々な原因で水晶体の中身のタンパク質が変性し白く濁ってくる事があります。

  • 眼球断面図
  • 白内障イメージ1 白内障イメージ2

■白内障の原因は?

加齢により起こる事がほとんどで「加齢白内障」と言いますが、若年者でも、高度近視、アトピー性皮膚炎、糖尿病、眼の打撲後、ブドウ膜炎などに続いて起こる事があります。また母親の体内で風疹に感染したりする事などが原因で生まれつき(先天性)白内障になったり、打撲や外傷、薬剤の副作用で白内障を起こす事もあります。

■白内障の症状は?

白内障の症状としては霧視(かすみ目)、視力低下の他にまぶしさや明るい所で見にくい。眼鏡が合わない、2-3重に見える、夜間車の運転がしにくいなどがあります。
白内障は充血や、出血、痛みなどが出ないため、見えにくくなる頃にはかなり進行している事もあります。異常を感じたら早めにクリニックで検査する事をお勧めします。

■白内障の治療は?

治療は点眼による薬物療法か手術かのどちらかになります。残念ながら現在の治療法では白内障で濁った水晶体は薬では元に戻す事は出来ず、また進行を完全に停める事は出来ません。症状が軽いうちは点眼で少しでも進行を遅らせ、不便さを感じたら手術治療を勧めます。

◎乱視矯正眼内レンズ、多焦点眼内レンズ取り扱っています

眼 瞼 下 垂 

■眼瞼下垂とは

瞼の周りの組織が緩んできて(加齢、怪我、神経麻痺などによる)瞼が下がってくる状態です。

■手術の必要性

症状がなければ放置して良いのですが、異物感を感じたり、視力障害を及ぼす場合には手術が必要です。

■手術の方法

局所麻酔下で弛んだ皮膚を切ったり、瞼を縮めたり、瞼の中の筋肉を締めたりするのですが、やりすぎると瞼が閉じなくなり角膜が乾燥してしまうので限度があります。皮膚切開した時は皮膚の傷を縫合(縫う)し、数日後に抜糸を行います。入院の必要はありませんが術後眼帯が必要です。

■予後

瞼がさらに緩むと再発する事があります。また傷口が落ち着くまでは異物感、疼痛、充血、眼瞼腫脹、皮下出血、結膜下出血の起こる事があります。

内 反 症

■内反症とは

瞼のフチが内側(眼球側)に向かいまつげや瞼のフチが角膜に当たってる状態です。 先天性と後天性があります。

①先天性内反症

生まれつきの内反症です。子供の睫毛は大人に比べ柔らかいので少々角膜に 当たっていても角膜症害を起こす事は余りありません。また成長に従い自然治癒する事もあるため、しばらく経過を見る事が多いです。小学校高学年になっても治らず症状が強い場合は手術をします。切開せずに糸を通すだけの方法や皮膚切開する方法などがあります。全身麻酔が必要な小児の場合は当院では行わず、他院に紹介して手術してもらいます。

②後天性内反症

主に瞼の周りの組織が緩んできて(加齢、怪我、神経麻痺などによる)睫毛が角膜に当たる状態です。 当院では主に局所麻酔で行える後天性内反症に対して手術治療を行っています。

■手術の必要性

症状がなければ放置して良いのですが、異物感を感じたり、角膜に傷がついたり する場合には手術が必要です。目の回りの組織のたるみは、横方向のたるみと、縦方向のたるみがあり症例に応じて術式を選びます。

■手術の方法

局所麻酔下で弛んだ皮膚を切ったり、瞼の筋肉を縮めたりします。瞼の中の筋肉を締めたりするのですが、やりすぎると瞼が閉じなくなり角膜が乾燥してしまうので限度があります。皮膚切開した時は皮膚の傷を縫合(縫う)し、数日後に抜糸を行います。入院の必要はありませんが術後眼帯が必要です。

■予後

瞼がさらに緩むと再発する事があります。また傷口が落ち着くまでは異物感、疼痛、 充血、眼瞼腫脹、皮下出血、結膜下出血の起こる事があります。

麦 粒 腫/霰 粒 腫

■麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とは

まぶたにある脂の出口(マイボーム腺)やまつ毛の根元に感染を起こして化膿した状態です。化膿しているので瞼が腫れて痛んだり熱を持ったり、うみがたまったりします。 一方、霰粒腫(霰粒腫)は瞼のふちの脂の出口(マイボーム腺)が詰まって分泌物がたまった状態で化膿してなくても瞼にしこりを触れます。しかし霰粒腫でも感染を起こすと麦粒腫と見分けがつきにくくなります。

■症状

炎症が強くなると熱を持ったり、強く腫れたり、痛みを感じたりします。 霰粒腫で炎症が起きてない時期には瞼に腫瘤(しこり)を触れるだけの場合もあります。

■治療法

治療には抗菌剤の点眼(ひどい場合には内服)を用います。通常、炎症は数日で改善してきますが強い感染で膿がたまった場合は針で突いて膿を排出した方が早く治る事があります。霰粒腫で腫瘤(しこり)のみの場合は針で突いても膿は出ないので主にステロイド点眼や抗菌剤点眼、軟膏などでしこりを小さくします。なかなか吸収されなかったり大きなしこりが残る時には手術で摘出します。この場合20-30分かかります。入院は必要ありませんが当日は眼帯を要します。
翼 状 片

■翼状片とは

白眼(結膜)の組織が黒眼(角膜)に三角形状に延びてくる疾患です。 原因は不明ですが紫外線などの刺激が関与して起こると言われています。 大抵は悪性の疾患でない為、翼状片が小さいときや、他に障害がない時は放置します。点眼では完治しないので治すには手術が必要です。

■偽翼状片について

目の外傷、熱傷、角膜潰瘍などが原因で翼状片と同じような状態になる事があり、これを偽翼状片と言います。治療は翼状片と同じです。

■翼状片の治療は?

手術しかありませんが、再発する事があるため、主治医とよく相談した方が良いでしょう。当院では翼状片が原因になって、

1)視力低下を起こす(乱視の増悪)

2)異物感を感じる

3)美容的に気になる場合は手術を勧めます。

ただ、角膜に延びた翼状片は手術しても白い濁り(白斑)を残す事があるので、 大きくならないうちに手術した方が良いでしょう。
手術は局所麻酔の手術で通常30〜40分程度で終了します。麻酔も痛くないし良く効くので手術中はほとんど痛みを感じないと思います。
しかし角膜表面の翼状片を剥がす事になるので、ほとんどの方が術後に異物感を感じます。角膜の傷が治る迄は数日から1週間程度掛かるので、その間軟膏を入れてガーゼ眼帯を使う方が楽です。

また、白内障手術などを希望して来られた患者さんが翼状片を合併している事も珍しくないのですが、同時に手術で治すことは一概にはお勧めしません。
理由は、白内障手術の際の眼内レンズの度数決定する時に角膜の屈折率や角膜表面のカーブをもとに計算して決定するのですが、翼状片のある人の場合歪んだ角膜のカーブをもとに計算してしまう事になったり、白内障と同時に翼状片を切除した場合には角膜のひずみが術前と大きく変わり眼内レンズの度数のずれが出る可能性が出てくるのです。そういう場合は翼状片を先に手術して角膜カーブが落ち着いてから白内障手術をした方が結果が良い場合があります。
これは、翼状片の大きさや、白内障の進行具合、2度も手術を受ける事が出来ない、など色んな要因から決める必要があるので翼状片と言われて手術を迷ってる方はご相談下さい。

4)予後

翼状片術後1年間は再発しない様に点眼を続けた方が良いでしょう。
また、結膜の充血は全てはなくならず、特に術直後の頃は充血を強く感じる事もあります。